2022-8-25 NEWS

令和4年8月 無人航空機国際会議でシームレスドローンの発表を行いました。

令和4年8月 無人航空機国際会議で当社 代表取締役 荒木 寿徳がシームレスドローンの発表を行いました!

ドローンのオートパイロット(自動航行)を行う上での大きな壁となる非GNSS環境下での飛行。

それを改善するため様々な研究が進んでいる。

赤外線や超音波センサー、最近ではカメラやレーザーを搭載して画像解析(SLAM技術)をしながら飛行するドローンがあり、海外でもその研究は進んでいます。しかし解析しながら飛行するため飛行速度の制限や飛行場所の制限を受けることになり、これも実用化は限られた範囲でのみとなっている。

我々はインフラメンテナンスを見据えた開発をする中で位置情報をあらゆる環境下でも取得して飛行するドローンが必要であるという結論に達し、シームレスドローンを開発するに至った。
シームレスドローン(Analyzer02)は高精度自動離着陸・航行ドローン(Analyzer01)のスペックを引き継ぎ、さらに非GNSS環境下でも位置情報を取得しながら自動航行できる機能を装備した次世代型自動航行ドローンです。